1. ホーム >
  2. お知らせ一覧 >
  3. 東別院 初鐘×D-K Live デジタル掛け軸

東別院 初鐘×D-K Live デジタル掛け軸

  • 昨年の映像はこちら
  • パンフレットはこちら

光のアートと日本伝統文化の共演、各界の第一人者が集う夜

当日のタイムスケジュールと開催場所はこちら

D-K デジタル掛け軸

2017年12月31日(日)20:00~2018年1月1日(祝・月)1:30

D-K デジタル掛け軸は、デジタルアートの先端を走り続けた長谷川章が辿り着いた、時空を超えた芸術。アトランダムに組み合わされた百万枚を超えるデジタル映像を、複数のプロジェクターで歴史的建造物や雄大な自然に投射して創り出す幻想的な空間です。
それはまさに一期一会のアート。地球と生物のリズムでゆったり移ろい、見る人が思い思いの情感を心の中に描くことができる、日本が世界に誇る新しい芸術を、是非体感してください。

アーティスト 長谷川 章
日本民間放送連盟TVCM部門最優秀賞をはじめACC賞等数々の賞を受賞。大河ドラマ「琉球の風」ほかニュースやスポーツタイトルをはじめ、中国電視台(CCTV)のロゴやtvcmなどを数千本制作。後に東洋人の持つ無常の精神からD-K(デジタル掛け軸)を発明した。現在、人間という生物のリズムを取り戻す新しいアートカテゴリーであるD-K Liveを世界各地でインスタレーションしている。
http://dk.popculture.jp/

創作能舞

2017年12月31日(日)
オープニング~舞 壱 『勿忘之舞』 20:00〜20:30/舞 弐 『領受之舞』 21:20〜21:50/
舞 参『 望年之舞』 2017年12月31日(日)23:15~23:45

フラッシュでの撮影や、動画撮影、録音は禁止です。

辰巳満次郎

舞:能楽師 辰巳満次郎
シテ方宝生流能楽師。東京都在住。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。50年ほど前より名古屋の舞台に出演、現在は毎月指導や舞台出演に訪れる。能の家に生まれ伝統を重んじつつも、シェークスピア作品などの新作能のほかオペラ能、歌劇などの演出・主演をする。世界の聖地・歴史的建造物・森羅万象に祈りを捧げる源流の芸能としての表現を体現する。2001年、重要無形文化財総合指定の認定を受ける。2011年、2012年に文化庁文化交流使に任命される。
http://manjiro-nohgaku.com/

能

書道Live

2017年12月31日(日)
20:35~20:55(本堂)/21:55〜22:15(大焚き火横)/22:40〜23:00(D-K カフェ&バー近く)

渡部裕子

書道:書家 渡部裕子
名古屋市在住。商業書道から芸術としての書まで幅広く活動。立体物の側面に揮毫し積み上げ、すべての文字を「感」と「景」に戻すインスタレーション=立体書は、海外での発表も多く、2014年よりオーストラリアの美術館に11点収蔵されている。ニューヨークJapanese Arts Selection in the LES, NYC特別賞、パリJAPAN EXPO招聘、オーストラリアoz asia festival単独公演、ART EXPO NEWYORK招聘、南オーストラリア州立美術館11点収蔵、フランスMELCART GALLERY個展、ギリシャArt-Athina2017招聘。アジア創造美術展金賞・アジア共生藝術賞・大賞受賞等。
https://www.hirokowatanabe-sho.com/

初鐘

2018年1月1日(祝・月)0:00~1:30
真宗大谷派名古屋別院

どなたでも鐘を撞くことができます。

※名古屋別院の鐘は名古屋市有形文化財に指定されています。鐘保護のためグループでの鐘撞きをお願いいたします。

名古屋別院の鐘は1692年(元禄5年)に鋳造され、戦時中の供出を免れた歴史的にも貴重な鐘です。高さ177.5センチ、口径108センチで江戸時代の鐘としては市内最大の大きさです。2004年名古屋市教育委員会から名古屋市有形文化財に指定されました。
新しい年の始まりに、鐘をつき、法話に耳を傾け、あらためて仏様の真実の教えを聞き続ける歩みを始めましょう。

初鐘

子どもたちの心にあかりを灯す

2017年12月31日(日)20:00~2018年1月1日(祝・月)1:30

チャリティーブース

東日本大震災に負けずに頑張る子どもたちに:
特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
子どもたちの感性を育てる:月灯りの移動劇場

常滑焼・美濃焼・岐阜和傘&キャンドルナイト

常滑焼ランプシェード:陶芸家 水川幹康

東日本大震災の被災者を応援するボランティア団体「特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター」が、会場運営や手芸品・ポチ袋・キーホルダーなど応援作品を販売します。(売上の一部は子どもたちに寄付されます。)また、オリジナルの移動式テント劇場で日本全国の空き地をまわって公演を行う「月灯りの移動劇場」が、子どもと一緒に楽しめるパフォーマンスを開催します。
日本が誇る伝統工芸と職人技のすばらしさをお伝えする展示も見どころ。境内に幻想的な光のシルエットを映し出す、常滑焼でつくられたランプシェードや美濃焼などのやきもの、そして、岐阜が誇る伝統工芸である和傘を、美しくライトアップして並べます。後継者がいなくなりつつある和傘は、まさに私たちが後世に伝えたいもののひとつ。その美しさを会場でぜひご覧ください。

大焚き火

2017年12月31日(日)20:00~2018年1月1日(祝・月)0:00
東別院ボーイスカウト名古屋第30団

大焚き火

飲食エリア

2017年12月31日(日)20:00~2018年1月1日(祝・月)1:30

D-Kカフェ&バー

出店:Gilberto

D-K デジタル掛け軸が映し出される店内で、
お酒やソフトドリンクを飲みながら
おくつろぎください。

屋台・食事コーナー

出店:mikadoと仲間たち

和洋様々な食事をご用意。お酒やソフトド
リンクとともにお気軽にお楽しみください。

※掲載されている会場写真(一部を除く)は昨年の様子を撮影したものです。

タイムスケジュール MAP内の番号は、上記イベント紹介の番号と共通です。
イベント配置図 MAP内の番号は、上記イベント紹介の番号と共通です。

※番号は主にイベントの場所と開始順を表しています。

このイベントは多くのボランティアに支えられています。
当日は会場内山門横で寄付を受け付けております。
ご寄付くださった方は、山門の上からD-Kデジタル掛け軸の絶景を楽しめる特別観覧エリアへご招待させていただきます。

※映像は、2016年12月31日(土)~2017年1月1日(日・祝)に行われたイベントのものです。

アクセスはこちら

イベント開催時は地下鉄が運行しております。混雑を避けるため、できる限り公共交通機関をご利用ください。

  • ※イベントの内容は、雨天など諸事情により予告なく変更になることがあります。ご了承ください。
  • ※警報発令の場合は、全てのイベントを中止させていただきますので、予めご了承ください。
主催

真宗大谷派名古屋別院

お問い合わせ/052-321-9201

企画・総合プロデューサー

藤田正彦

株式会社テラ 代表取締役/一般社団法人中川運河キャナルアート 理事長
藤田正彦オフィシャルサイト

協賛
(50音順・敬称略)

アサヒビール株式会社
NTCコンサルタンツ株式会社
株式会社エリアサポートジャパン
株式会社TCR
結企画

寄付
(50音順・敬称略)

長尾幸展
西川正人

※他、お名前非掲載でご支援いただいた方もいらっしゃいます

協力
(50音順・敬称略)

運営/特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター
オブジェ制作・設営/株式会社Aバイホーム
映像撮影&編集/岡根智美
写真撮影/加納将人
写真撮影/有限会社クリエイティブ・イワイ
木材提供/株式会社シンホリ
企画・運営/デザインボックス
Webサイト・ポスター・チラシ・看板デザイン/株式会社テラ
和傘提供/中村屋傘店
ディレクション/服部祥子
和傘提供/株式会社マルト 藤沢商店
美濃焼提供/山一製陶所(忠泉窯)
常滑焼ランプシェード設営/山下園芸
ナレーション/吉田聖惠
ワーロン紙提供/株式会社ワーロン
書作品提供/渡部裕子