1. ホーム >
  2. 尾張のお寺情報 >
  3. お寺ではこんなことやっています >
  4. お寺の法要 >
  5. 報恩講

報恩講

報恩講(ほうおんこう)とは浄土真宗の宗祖、親鸞聖人の御命日法要です。浄土真宗ではもっとも大切な法要であり、昔から各寺院はもとより、門徒宅でもお勤めがされてきました。11月28日の親鸞聖人の御命日に合わせ、京都の真宗本廟(東本願寺)では、例年11月21日から28日までの8日間、名古屋の東別院では12月13日から18日の6日間、勤められます。

  • 報恩講ケーススタディ

    真宗門徒における一番大切なお仏事である「報恩講」。名古屋教区内の寺院ではどのような報恩講が勤まっているのでしょうか?ここでは幾つかの特色ある報恩講を紹介します。「こんな報恩講もあるよ」という情報もお知らせ下さい。今後このページで紹介します。

    詳しくはこちら

  • お斎のレシピ

    過去に教化委員会で取材した寺院や教化委員が所属する寺院を中心に、お寺の報恩講でふるまわれるお斎(食事)を集めました。「うちのお寺のお斎も紹介します」という連絡下さい。このページで紹介します。

    詳しくはこちら

▲ ページの上部へ