1. ホーム >
  2. 参加する >
  3. 法話・講座・イベント >
  4. 講座と研修 >
  5. 人生講座 ― 考えたい!ゲンダイのモンダイ。

人生講座 ― 考えたい!ゲンダイのモンダイ。

毎月第三土曜日(8月、12月休講)午後3時~5時、聴講料300円。現代社会で出あうさまざまな問題。それはメディアの中だけの話ではありません。そのリアルな実体や本質を、さまざまな分野の専門家から学びます。耳を傾け、自分のこととしての ❝人生❞ に向き合う時間をお過ごしください。
※シュルタカード適用講座


 

次回の「人生講座」は


2018年11月の人生講座は、吉村さやか氏(日本大学大学院文学研究科 社会学専攻博士後期課程)にご講演いただきます。


 

講題  髪の毛がない女性たちの「生きづらさ」とその解消可能性
講師               
        吉村 さやか 氏 
日本大学大学院 文学研究科 社会学専攻 博士後期課程


[プロフィール]よしむら さやか 1985年東京都生まれ。2016年3月聖心女子大学大学院文学研究科社会文化学専攻博士後期課程満期退学。聖心女子大学特別研究員を経て、現在、日本大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程在籍。脱毛症当事者の生活史の聞き取り調査を通して、髪の毛がない人びとの「生きづらさ」を社会学の視点から研究している。
[著書]
「なぜ彼女は『さらす』のか――髪を喪失した女性のライフストーリー」(『日本オーラル・ヒストリー研究』第11号、2015年)「『髪の喪失』を問う」(『障害学研究』第11号、2016年)、「『カツラ』から『ウィッグ』へ――パッシングの意味転換によって解消される『生きづらさ』」(『新社会学研究』第1号、2016年)ほか。
講演趣旨 「髪は女のいのち」といわれます。しかし実際には、生まれつき髪の毛がなかったり、ある日突然始まった脱毛によって髪の毛を失った女性たちがいます。彼女たちはどのような困難に直面し、それにどう対処しながら生きているのでしょうか。「ふつう」とは異なる身体をもつ人びとが直面しやすい「生きづらさ」とは何か、それはどのように軽減/解消できるのか、ともに考えてみたいと思います。
日程 2018年11月17日() 
【講  演】15時~17時
場所
名古屋教務所・議事堂
アクセス
聴講料 300円(シュルタカード対象講座)

2018年度(2018年4月以降)より人生講座は<毎月第3土曜日15:00~>に変更しています(8月、12月休会)。



【今後の予定】

2018年12月は休講です。


日 時:2019年1月19日()15:00~
講 題:親鸞で考える 宮澤賢治の兄妹愛
講 師:芹沢 俊介 氏(文芸社会評論家)
会 場: 古屋教務所議事堂

日 時:2019年2月16日()15:00~
講 題:「居場所」のない男、「時間」がない女
講 師:水無田 気流氏(詩人・社会学者・国学院大学教授)
会 場:名古屋教務所議事堂

日 時:2019年3月16日(

    13:30~映画『この世界の片隅に』
上映
    16:00~講演
講 題:はるかな時を超えて描く
講 師:片渕 須直氏(アニメーション映画監督)
会 場
:東別院ホール(東別院会館3F)

※日時・会場が異なりますのでご注意ください。




 

▲ ページの上部へ