1. ホーム >
  2. 参加する >
  3. 法話・講座・イベント >
  4. 社会事業 >
  5. 老いと病のための心の相談室

老いと病のための心の相談室

老い、病、死の問題をはじめ、生きることに悩む方々の心に寄り添う相談室です。平日の13時~16時に開設しています。電話相談、面接相談(要予約)のほか、医療相談(月1回・要予約)も行っています。電話相談の電話番号は[TEL.052-331-9580]、問合せ、面接相談の予約は社会事業部[TEL.052-331-9576]です。相談費用は無料。秘密厳守いたしますのでお気軽にお電話ください。

電話相談 052-331-9580 平日13時~16時
面接相談 要予約。平日13時~16時
場所 東別院会館
医療相談
(面接)
要予約。月一回。担当医師は竹内 徹(中メンタルクリニック院長)

◆今後の予定◆
  5月9日(水)
  6月5日(水)

場所 東別院会館

※問合せ、予約は社会事業部[TEL.052-331-9576]。相談費用は無料。
 

第37期 相談員養成講座(2018年度)

お申込みは社会事業部まで[TEL052-331-9576]

名古屋別院では、相談者が抱える、老い、病、生死の不安や苦しみ等の心情に向き合い、相談者と共に考える「老いと病のための心の相談室」を開設しています。このたび、相談員(デス・カウンセラー)になるための「相談員養成講座」を開講し、その受講生を募集します。悩む人に寄り添いながら、自らのあり方を問い続ける「いのちの共学者」としての歩みを始めてみませんか。
 

相談員の主な活動内容


・面接並びに電話による相談業務(平日の13:00~16:00。各相談員の入室は月1~2回程度)
・特別養護老人ホームでの対話ボランティア(毎月2施設へ訪問)
・東別院の行事への参加
※いずれの活動も謝礼・交通費等はお支払いいたしません。
 
相談員養成講座を受講されても、公的資格を認定されるわけではなく、「老いと病のための心の相談室」の相談員として活動できる資格が認定されます。また、いずれもボランティアにてお願いしておりますので謝礼・交通費等はお支払いいたしませんので、予めご留意ください。

申込み 3月15日(月)9時より電話受付開始。締切は5月16日(水)
受講料 相談員養成講座Ⅰ:3000円 (5月~7月  全5回)
相談員養成講座Ⅱ:5000円 (9月~12月 全8回)
相談員養成講座Ⅲ:無料(全3回)
相談員養成講座Ⅰの受講料は開講日5月23日(水)受付にてお支払いください
(途中で受講を中止された場合に受講料の返金はございませんのでご了承ください)

相談員養成講座Ⅰカリキュラム ( 午後/1:30~3:30 会場/東別院会館1階教室 )

 ※第5回のみ月曜日に開講
日程 テーマ 講師
5月23日(水) 相談員(デス・カウンセラー)とは
―綱領に学ぶ・オリエンテーション
鵜飼 信孝氏
前田 健雄氏
6月13日(水) 苦悩と仏教 佐賀枝 夏文氏
(大谷大学名誉教授 臨床心理士)
6月27日(水) 受容と仏教 佐賀枝 夏文氏
(大谷大学名誉教授 臨床心理士)
7月11日(水) 真宗とカウンセリング 譲 西賢氏
(岐阜聖徳学園大学教授)
7月 30日(月) 真宗とデス・カウンセリング 田代 俊孝氏
(同朋大学大学院教授)

※日程が変更になる場合もございますので、ご了承ください。
※相談員養成講座Ⅱは、相談員養成講座Ⅰ全5回をすべて受けられた方のみ受講できます。
★やむを得ない理由で欠席された場合は事務所にご相談ください。
※養成講座Ⅱ修了後、実習期間を経て、翌年4月より相談員として活動していただきます。 




アクセスと境内案内

▲ ページの上部へ