1. ホーム >
  2. 参加する >
  3. 法話・講座・イベント >
  4. 講座と研修

講座と研修

  • 人生講座

    毎月3日(8月休講、1月は10日)午後6時~8時、聴講料300円。現代社会の諸問題を通して自己の人生を「問い直す」ことを願い開講される講座。講師には、真宗・仏教のみならず、あらゆる分の諸師をお招きします。講師の語られる言葉を通して、聴講者一人ひとりが自分の人生に向き合う機縁となることが願われます。広く一般に開かれた講座ですので、どなた様もぜひご聴講ください。

    詳しくはこちら

  • 信道講座

    毎月第二日曜日午前10時~12時、聴講料300円。1997年、前身である信道会館教養講座から名古屋別院に移行し、名称を改めて開催されることとなった「信道講座」。この「信道」とは、「信は道の元とす、功徳の母なり」(『華厳経』)からその名をいただき、今日まで120年にもわたって相続されてきた講座です。真宗・仏教のみならず、歴史や哲学の分野からも専門的な講師が講話されます。

    詳しくはこちら

  • 暁天講座

    毎年8月1日から5日まで、5日間の早朝講座。午前6時15分からお勤めが始まります。講座は午前8時頃まで。聴講無料。毎年多彩な講師陣で開かれ、聴講者にはパンと牛乳をお配りします。夏の朝、自分の人生に向き合うひと時を、ともに過ごしませんか。

    詳しくはこちら

  • 尾張講習会

    写真はイメージ   100年以上の伝統があるなんて!!

    時代状況を踏まえ、地方の教学教化振興の学事施設として、その責務を果たして来た尾張講習会。
    堅実な学事の歩みと、教化の工夫があってか、戦前には、この尾張講習会中の参聴者には名岐電鉄や、市内バス等が割引という特典があったり、別院内は勿論のこと、市内各所の説教場でも昼夜を問わず布教伝道が行われ、すこぶる盛況を博したという。
    爾来幾多の変遷を経て、特に戦災で別院が焼失してしまったにもかかわらず休講することなく、会場を市内寺院に設けて、戦中戦後の実に厳しい時代でも、講習会を承継存続し、開催されている。そして、戦後、尾張国講習会から尾張講習会と改称され、1978(昭和53)年には、現勢の変化に鑑み改めて尾張講習会規程が制定され、今日に至っている。


    詳しくはこちら

  • 真宗門徒講座

    毎月1回、親鸞聖人・釈尊・真宗門徒の生活について、教区教化センター主幹、研究生とともに学ぶ〝真宗入門講座〟。

    詳しくはこちら

  • 聖典研修 「親鸞聖人の御生涯に聞く」

    2017年度からは、東舘紹見氏(大谷大学教授)をお招きし、親鸞聖人の御生涯と、聖人が生きられた時代について学びます。
    親鸞聖人は、どのような人々と生き、どのような人々に教えをお説きになられたのか。
    名古屋教区・名古屋別院 宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要を終えた今、改めて宗祖の歩みに訪ねていきたいと思います。

    詳しくはこちら

  • 教区教化委員会主催の講座

    教区教化委員会が主催する講座をお知らせします。聖典研修についてはこちらです。

    詳しくはこちら

  • 平和展学習会 特別講義

    この講座は終了しています

    平和展学習会 特別講義「満蒙開拓とは何であったのか -満蒙開拓の史実から学ぶもの-」
    【講 師】寺沢 秀文  氏(満蒙開拓平和記念館 副館長・専務理事)
    【日 時】2017年3月18日(土) 午後4時~午後6時
    【会 場】名古屋教務所2階 講義室アクセス
    【参加費】無 料
    【問合せ】名古屋教区教化センター(TEL:052-323-3686 FAX:052-332-0900)
     

    詳しくはこちら

  • 東別院カード「シュルタ」

    東別院カード「シュルタ」は、別院で開催されているシュルタ適用講座に自由に参加できる聴講カードです。適用講座は「人生講座」「信道講座」「真宗門徒講座」など。また、各種特典があり、名古屋別院(東別院)で講座に参加される時にお得なカードです。

    詳しくはこちら

  • 子ども会スタッフ育成研修会

    子ども会スタッフ育成研修会は、教区教化委員会都市教化部門主催で年3回行われています。お寺の子ども会結成・充実、また青少幼年教化に携わる「人」の誕生と交流を図ることを目的として開催しています。

    詳しくはこちら

  • 子ども会スタッフ育成研修会兼候補衆徒研修会 ~御遠忌事業~

    この講座は、2016年4月に開催される「宗祖親鸞聖人750回子ども御遠忌」のスタッフとして関わって
    いただくことを願いとしています。

    詳しくはこちら

▲ ページの上部へ