1. ホーム >
  2. 参加する >
  3. 法話・講座・イベント >
  4. 講座と研修 >
  5. 平和展 公開学習会「沖縄の現状に学ぶ」

平和展 公開学習会「沖縄の現状に学ぶ」


かつて、日本で唯一の地上戦が行われ「捨て石」とされた歴史。
戦後においては、日本全体の約70%の米軍基地が沖縄に集中する現実。
そして今もなお、新しい米軍基地の建設やオスプレイの配備などを巡る様々な問題が報道されています。

しかし私たちは、これらの問題をどこまで真剣に受け止めているのでしょうか。
遠い地の出来事として目を逸らし、耳をふさぎ、現状を黙認し肯定する一人となってはいないでしょうか。

沖縄の米軍基地の現場で今、何が起きているのか。
その問題は、現代という時代を生きる私たちに何を問いかけているのか。
目を逸らさず、耳を傾け、ともに考えていく機縁となることを願い、公開学習会を開催します。
 
平和展 公開学習会「沖縄の現状に学ぶ」※この講座は終了しました
講 師 奥間 政則  氏奥間政則氏 写真
(一級土木施工管理技士・沖縄県大宜味村  在住)

1965(昭和40)年、名瀬市(奄美大島)の国立療養所・和光園で生まれる。両親はハンセン病元患者。30年近く現場責任者として土木工事に携わる。現在はその現場経験を活かし、高江や辺野古の基地反対運動を技術的な側面からサポートしている。

『DAYS JAPAN』2018年3月号に関連記事(教化センターで閲覧可)
日 時 2018年10月23日(火)
午後6時~午後8時
会 場 名古屋教務所1階  議事堂
名古屋市中区橘2-8-55 アクセス
参加費 無 料
主 催/問合せ 真宗大谷派名古屋教区教化センター
TEL 052-323-3686 FAX 052-332-0900
協 力 真宗大谷派大垣教区
真宗大谷派名古屋別院「現代問題ラボ」

▲ ページの上部へ