1. ホーム >
  2. お参りする >
  3. 参拝各種受付 >
  4. 永代経をあげる     ※2019年10月から受付方法が変わります。

永代経(えいたいきょう)をあげる


名古屋別院では永代経として、永代にわたり故人の遺徳を偲び、法名を本堂に安置し、毎月故人の命日にお経をあげさせていただきます。その意義は、生きている私たちが、仏縁をいただいてお念仏の心を伝えていくことです。
「永代経をあげる」ってどういうことですか?

永代経の案内

  • 永代経をお申込みいただき、最初に勤めさせていただく法要を、お紐解法要(おひもどきほうよう)と 申します。お紐解法要のみ、お斎(食事)をご用意させていただきます。
  • お紐解法要後は、毎月のご命日ごとに永代経の法要が、本堂にて午前10時より勤まります。祥月命日(故人の亡くなられた日)には、ハガキにてご案内いたします。
  • 毎年4月12日午前10時より総永代経(そうえいたいきょう)が勤まります。

※参拝ロビー改修工事にともなう参拝窓口(受付)移転のご案内

 

【手続きについて】

  • 事前申込:お紐解法要日の一カ月前までに冥加金をそえてお申し込みください。
  • お紐解法要日については、事前にお問い合わせください。
  • お申込みの記入事項として、法名、俗名、命日、参詣人数等になります。
  • お紐解法要は、毎月12日一如さん(いちにょさん)、お盆(8月11日~16日)、お彼岸(春、秋)、報恩講(12月13日~20日)、年末年始(12月29日~1月7日)の期間中は、お受けできません。また、その他の法要、行事等によりお受けできない場合がございます。
  • 年末年始(12月31日~1月7日)は受付を休止しております。

冥加金(みょうがきん):20万円以上

10月以降の手続きについて 1ヶ月前までの事前申し込みです。お紐解法要の時間に変更があります。

≪お紐解(お申し込み後はじめての法要)の流れ≫ 
  ご来院(10:00頃)⇒永代経(10:00)後、お紐解法要⇒法話(11:10~)⇒お斎(お食事)

〈手続きについて〉
  • 5ヶ月前よりお受けします。ご都合のつくお日にちでご予約ください。
  • 1日の受付数に上限があります。
  • 毎月12日、28日、7月15日、お彼岸(春分・秋分の日を含め前後3日間)、お盆(8月11日~16日)、報恩講、年末年始(12月13日~20日、12月29日~1月7日)はお申し込みをお受けできません。
  • お決めいただいたお日にちの1ヶ月前までにはご来院いただき、お志をお納めくださいますようお願いいたします。
     持ち物:お志(お志の差によって永代経に違いはありません。お志により各人数のお斎(お食事)をお紐解の折にご用意します。)
         20万円以上 / 5名、30万円以上 / 10名、50万円以上 / 15名、
         100万円以上 / 詮議、200万円以上 / 詮議
     申込事項:故人の法名、俗名、命日、お紐解の参拝人数、手次寺等
  • ご参拝当日は10:00までにご来院ください。
  • お紐解と同じ日に預骨をお申し込みの方は12:00の「お別れ勤行」後にお斎へご案内します。

〈お紐解法要後について〉
  • 毎日10:00から永代経が勤まります。ご都合のつくお日にちにご参拝ください。
  • 毎年「祥月命日」にあわせご案内をお送りします。
  • 毎年4月12日の10:00から「総永代経」が勤まります。

その他

▲ ページの上部へ